Kosuke Okahara

A 70 years old man of the leprosy village of Wuchuan collects firewood after working in the banana field.
A 75 years old villager goes back to his house. He was sent in the village when he was 28 years old.
A 70 years old man of the leprosy village of Wuchuan having a rest after working in the banana field.
Women villagers having a rest under a tree in the afternoon. Despite the difficult life they have endured, they are very open to other people.
A villager having a rest in his room. Most of them are relatively old, over 70 years old.
A villager lying on her bed in the afternoon. Most of them are relatively old, over 70 years old.
The village of ex-leprosy patients. The village is located deep in the mountain. The treck to the village takes over 1 hour from the bottom of the mountain.
Villagers work during the day. They grow corn and raise livestocks to make their living.
A 70 years old man of the leprosy village of Wuchuan. He lives alone in the village.
A 70 years old man of the leprosy village of Wuchuan carries water taken from the well. He lives alone in the village.
A 85 years old woman villager. Many villagers are getting old.
A 75 years old villager writing Chinese characters.
Villagers having a rest in a room. The houses were built some 30 to 50 years ago and some are delapidated.
A 73 years old villager smokes a cigarette. He was sent in the village in 1963.
A coffin placed in the room of a 73 years old villager. In some regions of China, it is said old people live with their coffin.
A villager walks down the mountain to buy fuel in the town. The village is located deep in the mountain.

 

Vanishing existence

– Forgotten leprosy villages in China –

数十メートルの川のむこう

中国の片隅の集落に暮らす人たち。彼らが持つ「ひとつの共通点」とは、過去にハンセン病を病んだというその一点にしかない。かつて人類は最大限の恐れを抱き、大騒ぎでこの病いを扱った。それに比べ、いま終焉を迎えようとしている彼らの姿はあまりに静かだ。

今日、暗に貧困国を意味していた第三世界という概念が妥当性を失い、第四世界と呼ばれる新たな空間が生まれているという。経済成長から取り残された第三世界の都市スラム、経済的に停滞するサハラ以南のアフリカ諸国、アメリカのインナーシティ・ゲットー、ヨーロッパにおける移民収容施設。

これらを特徴付けるのが、社会的排除であるという。職業からの排除、医療からの排除、そして社会からの排除。そこでは生が肯定されるわけでなく、かといってあからさまに死が強要されるわけでもない。これはかつてみたハンセン病隔離施設を連想させる。そして、そこに控えめに用意されているものが自死というものであるとするなら、年間三万人を越える日本の自殺者の数もこれとは無縁ではないのだろう。雇用不安が広がる中、いまや第四世界は、日本の内側からも生まれている。

ハンセン病の終焉。それが意味するものは、医学の進歩による人類長年の悲願の達成なのだろうか。それとも負の歴史にたいする忘却のはじまりなのだろうか。今人類がこの病いの終焉を、元患者の死を待つことによって迎えようとしているのなら、それは、現在の排除の空間である第四世界に似ていなくもない。

川の向こうにあるハンセン病村には、 名のハンセン病回復者が暮らしていた。この村に外国人が来るのは初めてだという。村を後にするとき、珍しい来訪者を村人たちは見送ってくれた。不安定に揺れる小さな手漕ぎ舟から村を振り返ると、老朽化した家屋がまばらに見えた。そしてそこには間違いなく、人が暮らしていた。社会から排除された彼らの態度は、その過酷な差別に関わらず、珍客に対しても開放的なものだった。彼らと社会を隔てたものは、たかだか数十メートルの川ではなく、もっと違ったものだったのだろう。彼らが数十年たっても越えられない川を、数分で越えてしまうことに複雑な感情を抱きながら、ひとつの病いの終焉を見つめる旅が終わろうとしていた。

西尾 雄志