Kosuke Okahara

Schose hang on the electric cable. It is said wherre she schose hang is where people sell and buy drugs.
A mother of former gangstars who narrowly surrived the war between rival gang groups.
A young gangstar shot dead while ridind motorbike along the border between rival gang groups.
one of the gang members shows his gun.
A sister of one of the victims of gang wars. Her brotehr was shot dead by a stray bullet while walking near the house.
A family in one of the notorisou neighborhood in Cali called Brisas de Mayo.
A garbage container with full of abandoned garbage in one of the notorious neighborhood in Cali.
A drug addicts injects heroin on the street of downtown Cali.
A woman who came to Cali from the country side lives on the street where people consume drugs. She said she spent all what she had to buy drugs.
A shadow of one of the gangsters on the street of one of the notorious neighborhood in Cali.
Inside a detention center for miners. As Cal's reformatory for youth is full, kids tend to stay at the detention center in downtown for more than one month before transfered.
City of Cali installed more than 1200 serveillance cameras aroudn the city especially in the notrious neihborhood. Police officers control the camera around the city to find criminals.
A man who survived from a serious car crush came out of his car.
On the street of down town Cali after midnight.
Police patrols at night in the area called Aguablanca, the most violent neighborhood in Cali
Police patrols at night in the area called Aguablanca, the most violent neighborhood in Cali
Police patrols at night in the area called Aguablanca, the most violent neighborhood in Cali
One of the gangsters in Cali's Siloé walks on the street.
Police captured a suspect murdering his wife in the middle of the night and brought him to the central police station in downtown Cali.
Gangsters gather to hang out and consume drugs at night in Cali's notorious neighbrohood.
Gangsters gather to hang out and consume drugs at night in Cali's notorious neighbrohood.
A night view of Siloé, one of the notirous neighborhood in Cali.
Gangsters gather to hang out and consume drugs at night in Cali's notorious neighbrohood.

 

Night after night

– Cali’s endless night-

綺麗に整備された下界が見渡せるシロエ地区の高台で、マウリシオがラジオから流れる音楽に合わせてステップを踏んでいた。

「こうするんだよ。1,2,3、1,2,3、サルサのステップさ」

ギャングはラップが好きなのかと思っていたと言うと

「そういうのも聞くけど、ここはカリだ。やっぱりサルサを踊れないとな」

そう言うと、マウリシオは疲れた目を下界に向けた。目線の先を追ってカリの中心部を見下ろすと、巨大なショッピングモールや建築中のコンドミニアムなど、いびつに並んだスラムの家々とは対照的な世界が浮かんでいた。

 

カルテル衰退とギャング抗争

2000年以降、かつて隆盛を誇ったカリ・カルテルは衰退。カルテルの残党たちによって組織された新たな麻薬グループが、その利権をめぐって抗争を始めた。若者で組織されるギャングたちがその末端を担い、ギャング同士の殺し合いが後を絶たず、スラムでは緊張が続いている。

 

スラムの夜

金曜の夜、シロエと並び悪名高いアグアブランカ地区にあるロス・マンゴス警察署は、シフト交代の警官たちで賑わっていた。昼夜関係なく事件の起きるこの地区だが、夜の町が見せる顔は昼間のそれとは比べ物にならないほど不気味だ。

夜のシフトが始まってほどなく無線に連絡が入る。到着すると、現場はすでに野次馬でごった返していた。人混みの先では、ヘルメットを被った若い男が頭から血を出して倒れ、恋人と思われる若い女性が男のそばで泣き叫んでいた。

「ちょうどこの変がギャング同士の縄張りの境界線なんだよ。」

慣れた手つきで人混みを押しやりながら、現場にいた警官の1人が言った。

カリの町中には対立するギャンググループ同士の見えない境界線がいくつも存在している。ギャングたちにとって、境界線を超えることは死の危険を伴う。

野次馬たちはいつもの景色と言わんばかりに、頭を撃たれた男とその横で泣き叫ぶ若い女性を無表情で取り囲んでいた。

 

セキュリティ>プライバシー

警察にある監視カメラのオペレーションルームでは、捜査員たちが街中のカメラから送られてくる映像に目を光らせていた。

「監視カメラによって捜査もしやすくなりました。何か起これば、パトロール中の警官と連携して犯人を追い詰めることもできます。今年中にはさらに監視カメラの数が増える予定です」

カリでは今年中に741台のカメラを追加設置し、全部で1221台のカメラが街中で目を光らせることになる。首都ボゴタを抜き、コロンビア一の設置台数になる。プライバシーの問題について尋ねると、責任者はため息をつきながら言った。

「コロンビアは安全になったなんて言う人もいるけれど、この街の殺人率をしっていますか?世界で9番目です。プライバシーなんて言っている余裕は私達にはないんですよ」

 

マウリシオの仕事

カリを離れる前日、マウリシオに会いにシロエに向かった。中々自身のことを話したがらない彼に、ギャング同士の争いについて尋ねると、

「殺し屋を手配したりするのも俺の仕事だよ。普通の仕事もしているけどな」ぼそっと答えた。

少しの沈黙の後、

「もういいだろう。これ以上は聞かないでくれ。最近はこの変も緊張が高まっているから、日も落ちてきたし、長居しない方がいい。」

そう、促された。

シロエの山を下り振り返ると、スラムの家々の明かりが煌煌と輝いて見えた。

マウリシオに電話をかける。

「無事に下に着いたか。まぁまた来いよ。今度はちゃんとサルサを教えてやるから」

電話を切ると、バイクで10分の距離が、ずいぶんと遠くに感じられた。ギャングたちと過ごした時間が、がシロエの夜景の中に吸い込まれていった。