Kosuke Okahara

A man looks at the black sea.
A kid plays at the small amusement park.
Women sitting in the town of Tkvarcheli’s gas station
An old man sleeps in front of TV while the program shows the politics of Abkhazia.
Alkhas one of many war veterans in Abkhazia play with his AK-47 in the mountain. Since they all gone through the war 20 years ago, a lot of people in Abkhazia has guns and rifles.
As Abkhazia’s independence day is approaching, there is a war footage being broadcasted on Abkhaz TV. During the war with Georgia, Many men participated the war including boys under 18 years old.
In the military school, the newly recruited soldiers study in the class. Sukhumi.
People gather at the monastery of Novy Afon. Only this monastery try to be independent even from Russian orthodox church and there is a conflict with other churches in Abkhazia.
A man sleeping in the church at the monastery of Novy Afon.
A coat hung in the abandoned closet in the destroyed village near Tkvarcheli. The village was destroyed during the war in 1992 and 1993.
An abandoned coach in Tkvarchei. Tkvarcheli used to be one of the most important coal mine in Abkhazia.
An abandoned ropeway in Tkvarchei. Tkvarcheli used to be one of the most important coal mine in Abkhazia.
A horse stands in front of the abandoned and collapsed building in the village near Tkvarcheli.
Alik Zantariya, 53 years old who works as a guardian at the still-functioning electric substation in Tkvarcheli. The main building has been destroyed during the war in 1992 and 1993.
Djarnaz Beniya, former trainer of Denis Tsargush, an Abkhaz wrestler who won silver medal at London Olympic Games, sitting in his office.
Young wrestlers from Gudauta, one of the most fertile regions of producing the best wrestlers in Abkhazia, train at the sports center in Gudauta.
A young wrestler trains at the sports center in Gudauta, one of the fertile regions of producing the best wreslers in Abkhazia.
18 years old Abkhaz girls after the graduation of the highschool in Tkvarcheli, a cole mine town where used to be one of the most important towns in Soviet era.
Young pregnant women in the hospital of Sukhumi, waiting for their day of delivery. Although the statistic in Abkhazia is not precise, here was 1645 newborn babies in 2012.
A young Abkhaz soldier and his girl friend spend time in the beach of Sukhumi. Sukhumi,

 

In Sochi’s shadow

– Abkhazia, a country that doesn’t exist –

「日本人のスパイかい?」

チェックインしようとすると、 ホテルのマネジャーが冗談交じ りに言った。

隣ではロシア人観光客が、決して高くはないそのホテルにチェックインしようとしていた。 以前であれば、同じ黒海沿岸のソチでバカンスを楽しんでいた中流階級のロシア人たちは、冬季オリンピック開催が決まって物価が上がったソチを避け、アブハジアに流れるようになっていた。アブハジアは、国際社会では 一般的にグルジアの一部とされている。ロシアや北コーカサスからの義勇軍の後ろ盾を受けながら、1992〜 年のアブハジア紛争を経て、事実上独立し た国として機能している。

ここもまた、旧ソ連崩壊に伴い不安定になった、地図上には存在しない「国」だ。 独立記念日が近づくにつれ、テレビでは戦時中に撮影された 生々しい記録映像が毎晩のように放送されていた。グルジアに対する憎悪の根は深い。

「私たちの夢は、アブハジア人 としてオリンピックに出場する ことです」

ジャルナス・ベニヤは答えた。 彼はロンドンオリンピックのレ スリング競技で銅メダルを獲得した「国」の英雄、デニス・ツ ァルグシュを育てたコーチだ。 アブハジアは優秀なレスリング 選手を輩出してきたが、国家として認められていないため、選 手たちはロシア代表チームを目指す。

この「国」は、ソチオリンピックに大きな希望を抱いていた。 北側の国境から20キロも離れていないところで開催されるオリンピック。アブハジアが存在しているというアピールを世界に向けてし、経済的な恩恵を受けるための絶好のチャンスのはずだっ た。

しかし、その恩恵の影を見ることは難しい。ソビエト時代、 炭鉱の町として栄えたトゥクヴァルチェリの人口は3千人にまで減った。若者は町を離れ、残るのは廃墟と化した建物群。街全体が遺跡のようだ。 首都スフミにある国立大学に通う大学生たちは、アブハジア人であることを誇りに思う一方 で、この国の行く末に不安を隠せないという。

「国際社会でのアブハジアの立ち位置はとてもむずかしい。ロシアの後ろ盾があるからアブハジアが存在できているのも分かっています」

ソチオリンピックはアブハジアに目立ったものをもたらしそうもない。そして領土問題を抱えるグルジアでは、親ロシアの政権が誕生した。

フェイスブックで久々に連絡 をとると、あるアブハジア人の 若者は言った。

「ロシアは、西側に傾いたグルジアとの緩衝地帯としてアブハジアを必要なだけだったのかもしれません」